≪Back TopおでかけNaviAKB48>B-4th
東京デートナビ・タイトルロゴ
〜☆★☆〜 AKB48 チームB 5th Stage Songs「シアターの女神」 SpecialPhotoGraph 〜☆★☆〜
<チームB 5th Stage Songs 『シアターの女神』>
00 ロマンスかくれんぼ
01 勇気のハンマー
02 隕石の確率
03 愛のストリッパー
04 シアターの女神
〜MC〜
05 初恋よ こんにちは
06 嵐の夜には
07 キャンディー
08 ロッカールームボーイ
09 夜風の仕業
〜MC〜
10 100メートルコンビニ
11 好き 好き 好き
12 サヨナラのカナシバリ
〜MC〜
13 潮風の招待状
〜ENCORE〜
14 オネストマン
15 チームB推し
〜MC〜
16 僕たちの紙ヒコーキ
2010年5月21日よりスタートしたチームB 5th公演『シアターの女神』。全16曲で、本公演に先立ち研究生から選ばれた『前座ガールズ』が1曲を披露。楽曲は全てオリジナルの新作で、作詞は全曲を秋元康氏が担当。今回がチーム改変後の新チームB初公演で、旧チームBの特徴である「若さ」「チャレンジ性」がメンバーシャッフルでどれだけ加速したかと期待が高かったのだが、楽曲の構成や演出がかなり凝っていた前公演(B4th アイドルの夜明け)に比べると、ちょっとパワー不足な印象を受けたが、回数を重ねて成長するチームBなので、今後に期待したい。
私のイチオシは『シアターの女神』と『チームB推し』。『シアターの女神』は、曲中で「ようやく会えたね、こんなに近くに素敵な君がいる」と歌われるなどAKB48劇場=シアターで初めて見た感動を表現した明るい曲で、ステージ衣装は水着のような露出度(by増田有華)。「あなたは今日で○○ちゃん推し!」とAKBから発信した流行語「推しメン」(=推しメンバー)を取り入れた『チームB推し』が、本公演で最もBらしい遊び心ある楽曲です。
一方、ユニット曲は、渡辺麻友らしいアイドル王道ソング『初恋よ こんにちは』(佐藤す、渡辺、奥)、小森の振り付けに注目したい大人っぽいセクシーソング『嵐の夜には』(鈴木、小森、宮崎、佐藤夏)、増田の意外な(失礼?)面が見られる『キャンディー』(増田、河西、佐藤亜)、ラクロス風の衣装にキュンとくる青春ソング『ロッカールームボーイ』(小林、石田、北原、近野、平嶋)、久々のソロバラード『夜風の仕業』(柏木)の計5曲。チームBの構成としては珍しく、ユニット曲に遊び心やメンバーの持ち味が目立たないことが、冒頭の印象につながったと思います。
なお特筆すべき演出として、1曲目でアイドル史上初(?)のハンマーやスコップ(もちろん軽いレプリカ)を持って踊る『勇気のハンマー』のほか、ラストの『僕たちの紙ヒコーキ』の終盤に、『直筆のメッセージ入り紙ヒコーキ』をメンバーがステージから客席に向かって飛ばすことがあげられます。ファンならずとも想い出に残る、画期的な演出ですね。そして、撮影で最前列にいた私の膝の上にも運よく紙ヒコーキが不時着。記念に職場まで持ち帰ったものの、関係者向けのゲネプロ用だったため、ただの白紙・・・世の中そんなに甘くありません(笑)。
1) 勇気のハンマー 2) 隕石の確率 3) 愛のストリッパー
2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影
4) シアターの女神 5) 初恋よ こんにちは 6) 嵐の夜には
2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影
7) キャンディー 8) ロッカールームボーイ 9) 夜風の仕業
2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影
10) 100メートルコンビニ 11) 好き 好き 好き 12) サヨナラのカナシバリ
2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影
13) 潮風の招待状 14) オネストマン 15) チームB推し
2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影
16) 僕たちの紙ヒコーキ これが噂の紙ヒコーキ(メッセージ省略版) 00)ロマンスかくれんぼ(前座ガールズ)
2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影 2010年5月ゲネプロで撮影
写真は2010年5月21日の取材時に撮影したオリジナルです(無断転載厳禁)
取材当日の公演欠席者はいませんでした
≪Back チームA(6th)チームK(6th)チームB(4th)AKB48劇場-INDEX ≫デートスポット