東京タワー(TOKYOTOWER)
2006年9月:東京タワー提供
真っ赤な塔体は今も東京のシンボル
高さ333mのランドマーク「東京タワー」。2018年3月より、展望台は高さ150mのメインデッキと250mのトップデッキという名称に。現在、順次リニューアル工事中で、2018年3月3日トップデッキがグランドオープン。
公式サイト https://www.tokyotower.co.jp/
住所 〒105-0011 東京都港区芝公園4-2-8
地図を表示 Googleマップで地図を表示
営業時間 9:00-23:00
定休日 なし(年中無休)
TEL 03-3433-5111
■利用料金
※2018.3.3改定
◇メインデッキ(大展望台)150m展望料金:
大人(高校生以上)900円
子供(小・中学生)500円
幼児(4歳以上)400円
◇トップデッキツアー参加料金:
大人(高校生以上)2,800円
子供(小・中学生)1,800円
幼児(4歳以上)1,200円
※トップデッキツアー参加料金には、トップデッキ(250m)、メインデッキ(150m)の入場および不随サービスが含まれます。
■アクセス <電車の場合>
◇ 都営大江戸線「赤羽橋駅」下車 徒歩約5分
◇ 東京メトロ日比谷線「神谷町駅」下車 徒歩約7分
◇ 都営三田線「御成門駅」下車 徒歩約6分
◇ 都営浅草線・大江戸線「大門駅」下車 徒歩約10分
◇ JR山手線・東京モノレール「浜松町駅」徒歩約15分
<車の場合>
首都高速都心環状線芝公園出口より約7分
有料駐車場あり
■2つの展望台 東京タワーの展望台は2ヶ所。高さ150mの『メインデッキ(旧名称は大展望台)』と、高さ250mの『トップデッキ(旧名称は特別展望台)』。どちらもカップルにおすすめです。
■開業60周年 2018年12月に開業60周年を迎える東京タワーは2016年より大改装を実施中。『メインデッキ』は営業しながら、4面のうち1面ずつ順次改装工事中(時期により見えない方角あり)。
■夜景+映像 『メインデッキ』は1階(145m)と2階(150m)の2層構造。エレベーターが到着する2階がメインで人も多い。プロジェクションマッピング『CITY LIGHT FANTASIA』を季節ごとのコンテンツで上映中。
■パワースポット 恋愛パワースポットとしても人気がある東京タワーメインデッキ2階。ピンクに輝くスワロフスキー・エレメントからなる高さ約50cmの『Tokyo Tower Love Power Spot』や『東京タワー大神宮(工事中は移設)』もこのフロア。
■絶叫?スポット メインデッキからの下りエレベーターは1階(145m)から。145mの真下が覗けるガラス床『スカイウォークウィンドウ』(旧名称:LOOK DOWN ウインドウ)は必見。勇気を出して、ふたりで手を繋ぎ飛び乗ろう!
■トップデッキ 2018年3月3日『トップデッキ』がグランドオープン。トップデッキへの入場は、事前予約制の体験型展望ツアー『トップデッキツアー』への参加が必要です。大人2,800円と安くはないが、プレミアムな体験ができます。
>>『トップデッキツアー』の詳細はこちら
■日没~夜景 デートなら、やはり日没から夜の時間帯が最高!特にジオメトリックミラーとLED照明でムード抜群のトップデッキは極上のデート空間です。
■外階段を昇ろう
土・日・祝日(および特別イベント時)には『東京タワーを階段で昇ろう!』を開催。フットタウン屋上からメインデッキまで、景色を楽しみながら約600段の外階段を歩いて昇れる人気イベント。昇りきれば『ノッポン公認昇り階段認定証』がもらえます。
※毎週土・日・祝 11:00~16:00(雨天・強風時中止)/通常の展望料金が必要です。
■ライトアップ 外観ライトアップは『ランドマークライト(夏/冬)』と、2008年(開業50周年)に加わった新ライトアップ『ダイヤモンドヴェール』の2種類。点灯スケジュールは公式サイトで。
■イチャx2 メインデッキ1階南側(2階よりも空いていて、ゆっくりと景色を楽しめます)
■近隣スポット 東京タワーフットタウン(東京ワンピースタワー、東京タワー水族館)
掲載内容は2018年3月3日現在です。最新情報は公式サイトでご確認ください。
東京タワー:2003年撮影
南東方向(お台場方面)
2003年撮影
メインデッキ2階
2003年撮影
スカイウォークウィンドウ
2018年2月内覧会にて撮影
幻想的なトップデッキ
pagetop