特集記事タイトル
六本木の『FLOWER BY NAKED』に行ってみた
画像説明
『FLOWERS BY NAKED 魅惑の楽園』
1ヶ月で7万人を動員した五感体験型イベント『FLOWERS BY NAKED』が、バージョンアップして六本木にて2016年7月30日(土)スタート。初日の模様をいち早くお届けします。
1. 大人女子に大人気のアートイベント第2弾
2. 五感で楽しみ、自由に撮影
※掲載内容は2016年8月1日現在のものです
1. 大人女子に大人気のアートイベント第2弾
2016年1月に日本橋で開催した『FLOWERS BY NAKED 秘密の花園』は、会期1ヶ月で約7万人を動員、ハッシュタグが1万件以上投稿されるなど、大人女子を中心に絶大な人気でした。その第2弾となる『FLOWERS BY NAKED 魅惑の楽園』が東京・六本木の『東京ミッドタウン・ホール』に場所を移し、新作を追加するなどバージョンアップして、2016年7月30日(土)から8月31日(水)に開催されます。

#
NAKED Inc. 代表:村松亮太郎氏
オープニングセレモニーでは、総合演出を務めたNAKED Inc. 代表の村松亮太郎氏とテーマソング『はないちもんめ』を歌う出雲咲乃が登場。村松氏は「前回の和と異なり、トロピカルに仕上げた。インタラクティブなコンテンツと合わせて体感してほしい」と語っていた。
会場内は8つのエリアで構成され、生花、オブジェ、映像、インタラクティブ、香り、飲食など様々な要素を通して"五感"で楽しむ工夫がされています。まずは『01:BIG BOOK』。縦約2.5m×横約3.0mの巨大な本型オブジェにプロジェクションマッピング映像を投影。前回同様の3DCG映像に、4kで撮影された実写映像を新たに追加されました。
#
壁に近づくと、その人の花が咲く
つづいて前回も人気だった『02:MOSAIC FLOWERS』。うごめく壁の前に人が立つと、その人の花が咲き、花言葉を教えてくれるインタラクティブアート。今回は世界観が夏Verとなり、楽園の花々にリニューアル。ハイビスカス、プルメリア、マドンナリリーなど25種のうち、どの花が出るかはお楽しみ。
その隣につづく『03:BLOOM!BLOOM!BLOOM!』(新作)は公式サイトと会場内の巨大な円形スクリーンに反映されるコミュニケーションアート。指定のハッシュタグを入れて写真を投稿しよう。
#
1本は映像と照明が連動するスペシャル版
『04:LOTUS』(新作)。雨が降り注ぐ水面の3DCG映像がマッピングされており、蓮の茎に触れると、頭上に晴れ間が広がる瞬間を体感できるアート作品。4本の茎のうち1本は、映像と茎の照明が連動するスペシャルコンテンツとなっている。
#
前回はタンポポ、今回は夏のひまわり
『05:SUNFLOWER』半透明の高さ約6mの塔の中央に咲くひまわりのオブジェを揺らすと、ひまわりが舞い落ち、花びらが舞うインタラクティブアート。数回に1度だけ、特大のひまわりの花が降ってくる。

pagetop