水族館タイトル
日本カメラ博物館
画像説明
中島康夫ライカコレクション
世界初のカメラ『ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ』をはじめ、カメラの名機・名作・珍品を展示する『カメラの博物館』。カメラの発展史や面白さを再認識できるので、スマホカメラも含め、写真を撮る人全てに一度は訪れて頂きたい。
ホームページ http://www.jcii-cameramuseum.jp/
住所 〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCII 一番町ビル(B1F)
TEL 03-3263-7110
駐車場 なし
アクセス ◇東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅下車4番出入口より徒歩1分
◇東京メトロ有楽町線「麹町」駅下車3番出入口より徒歩8分
入館料(税込) 一般300円、小・中学生無料
開館時間 10:00~17:00
休館日 毎週月曜日 (月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
および年末年始など当館が定める休館日
ポイント(1)
[常設展+特別展]
「日本のカメラの発展史を系統的に展示する」カメラ専門博物館。世界中から集めた歴史カメラの名機・名作・珍品などを展示・紹介する『常設展』のほか、カメラの魅力を様々な角度から掘り下げる期間限定の『特別展』も充実している。
ポイント(2)
[世界に数台]
館内最大のみどころは、世界初の市販カメラである『ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ』。1839年、フランス下院で発表され、その直後にパリで発売されました。世界に数台しか現存していない大変貴重なカメラで、国内で所蔵・常設展示を行っているのはここだけです。
ポイント(3)
[ライカコーナー]
1925年にドイツで発売され、今なお『透視ファインダーカメラ(レンジファインダーカメラ)』の主役として根強い人気を誇る『ライカ』。写真の発展に大きな役割を果たしたライカを、初代モデルからの各機種をはじめ、試作品、特需モデル、アクセサリーなどを展示。
ポイント(4)
[歴史的カメラ]
国産カメラの発展史を物語る技術的に意義のあるカメラを選定、収集し、展示・紹介する常設展『日本の歴史的カメラ』。明治期のカメラから近年のデジタルカメラに至るまでを展示。過去の愛用機が展示されているかも。
ポイント(5)
[体験コーナー]
『体験コーナー』ではメジャーとなった『一眼レフカメラ』に加え、レンズを2つ備えた『二眼レフカメラ』や、蛇腹を使用して携行時はコンパクトに折り畳める『スプリングカメラ』など、普段は手にする機会がないカメラ数台を実際に操作できる。
ポイント(6)
[ステレオ写真]
大人も子供も興味津々なのが『ステレオ写真』。人間の目と同じく左右6cmほどずらした場所から同じ被写体を撮影し、左右同時に見ることにより実物のように立体的に再現できる写真技法です。ステレオ撮影専用カメラのほか、実際に撮影されたステレオ写真の作品を展示。
掲載内容は2015年8月21日現在です。最新情報は公式サイトでご確認ください。
日本カメラ博物館
ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ
日本カメラ博物館:2015年2月撮影
日本の歴史的カメラをズラリと展示する
日本カメラ博物館:2015年2月撮影
明治中期の移動式暗室ほか
日本カメラ博物館:2015年2月撮影
カメラ体験コーナー
特別展画像
提供:日本カメラ博物館
特別展「100歳のカメラ業界人 田中政雄が選んだ古今東西カメラ100台」
2015年4月急逝された故・田中政雄氏の意思を継ぎ開催される特別展。田中氏は第2次世界大戦後からカメラ店を経営するかたわら、カメラ業界の要職を務められました。また、古今東西のカメラについて雑誌等や書籍への執筆も数多く手がけられており、実物を手にして豊富な経験によって記された記事は正確で、古いカメラを調べる際の信頼性が高い資料となっています。
今回の特別展示では、その田中氏が写真業界紙『週刊カメラタイムズ』紙に、1992年から2003年まで、延べ11年288回にわたって連載した「カメラのはなし」に掲載した機種の中から100台を選び、カメラの発展史とともに展示いたします。
■開催期間
2016年1月9日(土)~3月27日(日)
※毎週月曜日休館
pagetop