≪Back Top汐留>カレッタ汐留
タイトルロゴ
2003年8月撮影 カレッタ汐留
『スローライフ』をコンセプトにした複合商業施設。『汐留シオサイト』の第1弾として2002年12月にオープン。レストランのほか、電通四季劇場[海]など文化施設も併設。地上200mの超高層レストラン、展望スペースも人気。
公式サイト http://www.caretta.jp/
住所 〒105-7090 東京都港区東新橋1-8-2
最寄駅 都営大江戸線 汐留駅下車 徒歩1分(詳細は下記参照)
TEL 03-6218-2100 地図を表示
駐車場 有料(一部割引サービスあり)
主なアクセス ◇ JR東海道線、山手線、京浜東北線「新橋駅」より徒歩約4分(地下通路が便利)
◇ 都営大江戸線「汐留駅」より徒歩約1分
◇ 都営浅草線「新橋駅」より徒歩約3分
◇ 東京メトロ銀座線「新橋駅」より徒歩約5分
◇ ゆりかもめ「汐留駅」より徒歩約2分
車でのアクセス 首都高速汐留ICより車で約2分、専用地下駐車場へは海岸通りから
営業時間 エリア・店舗により異なる。スカイレストランの各店舗は11:00〜23:00など。

定休日

定休日なし(銀行、理髪店など例外あり)
フロア構成
(1) カレッタプラザ
(B2F)
・・ ゆりかもめ『汐留』駅前に広がるパブリックスペース。ユニークな「亀の噴水」がシンボル。汐留エリア待ち合わせの定番です。
(2) カレッタモール
(B1F〜B2F)
・・ 地下に広がるカフェ&レストラン、ショップモール。数々のイベントが行われる。
(3) キャニオンテラス
(1F,2F,3F)
・・ 『電通四季劇場[海]』の前に位置する、カフェ&レストラン、ショップゾーン。
(4) スカイレストラン
(46F,47F)
・・ 地上200mの超高層レストランゾーン。B2Fからの専用シースルーシャトルエレベーターでアクセス。お台場や銀座の夜景は絶景!
(5) 電通四季劇場[海]
(1Fより)
・・ 『劇団四季』の常設専用劇場。舞台と客席との一体感を重視した斬新な設計が随所に見られる祝祭空間です。945-903-1521
(6) アド・ミュージアム
東京(B1F)
・・ 日本初の広告資料館(入場無料)。現座電通ビルから移転の『広告図書館』や展示ホール、AVホールなど。03-6218-2500
ポイント(1)
「亀の噴水」
『カレッタ汐留』の『カレッタ』とは、幸運を呼ぶ動物とされているアカウミガメの学名『Caretta Caretta』に由来します。そして『カレッタ汐留』のシンボルとして親しまれているのが、地下2階カレッタプラザにある『亀の噴水』。10時〜22時の毎正時ごとに約20分間行われる楽しい体感アートです。
ポイント(2)
「無料の夜景」
46階・47階には、小規模ながら超高層からの展望を楽しめるスペースがあり、東京ベイエリアの風景&夜景を無料で眺めることができます。
ポイント(3)
「東京ベスト夜景」
とっておきのデートで利用したいのが、極上の夜景と食事が同時に楽しめる46階・47階のスカイレストランへ。特におすすめは、レインボーブリッジ&お台場を眺める都内でも屈指のロケーションと言える『/s/o/ra/si/o/(レストラン&バー)』『なだ万 汐留47(日本料理)』です。
ポイント(4)
「個性的なチェア」
カレッタ汐留の特徴のひとつが、施設内のあちこちに置かれたデザイナーズチェア『デザイン/チェア/ランブリング* 100』。その数なんと100脚以上!それぞれ個性あふれるチェアの数々をゆっくりとめぐり歩くのも、カレッタらしいデートです。私のおすすめは、46階EVホールにある『マシュマロ』、地下2階の『PonyChair』など。
ポイント(5)
「クリスマス」
カレッタ汐留といえば、クリスマス時期のイルミネーションデートスポットの定番です。
詳しくは『クリスマス/カレッタ汐留』で!
カップル
ベストスポット
46階・47階
周辺の見所 日テレプラザ汐留シティセンター旧新橋停車場ロイヤルパーク汐留タワー
掲載内容は2014年5月1日現在の情報です。おでかけの際は念のため公式サイトでご確認ください。
▼亀の噴水 ▼お台場方面を望む ▼46階無料展望スペース
2003年8月撮影 2003年8月撮影 2003年8月撮影
▼デザイナーズチェア(Ponychair) ▼domPiere(オープン時) ▼デザイナーズチェア
2003年9月撮影 2002年撮影 2003年8月撮影
≪Back 汐留シオサイト-INDEX ≫クリスマス情報