≪Back Topテーマパーク>here
東京デートナビ・タイトルロゴ
2004年4月プレスプレビューにて撮影 新江ノ島水族館(えのすい)
2004年4月にグランドオープンした江ノ島地区のデート定番スポット。!湘南海岸に浮かぶ富士山や江ノ島を眺めながら、イルカ達のショーを楽しむ『イルカショースタジアム』など、絶好のロケーションを活かした水族館です。身近な海を再現した相模湾大水槽やクラゲファンタジーホールにも注目
公式サイト http://www.enosui.com/
住所 〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
主な最寄駅 小田急江ノ島線『片瀬江ノ島駅』より 徒歩約3分
TEL 0466-29-9960 / 0466-29-9972 地図を別ウインドウで表示
駐車場 周辺有料駐車場を利用
主なアクセス ◇小田急江ノ島線『片瀬江ノ島駅』 徒歩約3分(新宿→片瀬江ノ島はロマンスカーで約65分)
◇江ノ島電鉄『江ノ島駅』 徒歩約10分
◇湘南モノレール『湘南江ノ島駅』 徒歩約10分
◇横浜新道『戸塚』より国道1号・134号利用(戸塚より約15km)
利用料金
「年間パスがお得!」
※2014.4.1改定
  大人 高校生 中学生・小学生 幼児
(3歳以上)
一般入場料 2,100円 1,500円 1,000円 600円
年間パスポート年会費 4,000円 3,000円 2,000円 1,200円
※中学生・高校生の方は、水族館のチケット窓口で生徒手帳(又は生徒証、学生証)を提示
※再入場可能。希望の際は、スタッフまでお申し出ください
営業時間 9:00〜17:00 / 冬季(12/1〜12/28と1/7〜2/29)は10:00〜17:00
(入館・チケット販売は閉館1時間前まで)
(季節・イベントなどにより変更することがあります)
定休日 年中無休 (ただし特定の休館日あり)
ポイント(1)
「相模湾を再現」
2つの造波装置により相模湾の環境を再現した『相模湾大水槽』。銀色に輝きながらうねり泳ぐ約8,000匹のマイワシの大群のほか、シノノメサカタザメ(全長約2m)が優雅に泳ぐ姿が楽しめるほか、一日数回『うおゴコロ』『フィンズ』の2種類のショープログラムを実施しています。
ポイント(2)
「まずはチケット」
大人気なのが2つの体験型ふれあいプログラム。『イルカと握手(1日数回:各回先着30名:\500)』と、胴長靴を履いてプールで直接イルカと触れあえる『ハッピードルフィン(1日1回:先着12名:\1,500)』。先着順なので、まずはショースタジアム2階の売店『Cue Cue』で早めに購入を。
ポイント(3)
「青いドーム」
日本の近代水族館第1号である『江ノ島水族館』として、30年以上の飼育&展示経験を活かした『クラゲファンタジーホール』は、世界有数のクラゲ専用空間。大小9つの水槽で常時約10種類のクラゲを公開。半ドーム式の青い幻想的な空間がデートのムードを盛り上げます。
ポイント(4)
「ショータイム」
※2012年12月現在
景観とショープールが一体となった『イルカショースタジアム』のショータイムは1日数回。イルカやアシカとゲストがつながる『きずな/kizuna』と、人とイルカのコラボレーションショー『ドルフェリア〜どんなときもそばにいるから〜』を開催。タイムスケジュールは公式サイトにて。
ポイント(5)
「ショーと景観」
1,000人収容のスタンド席を有する『ショースタジアム』。イルカやクジラたちのジャンプで降り注ぐ『水しぶき』を楽しむなら、オレンジ色に色分けされた『スプラッシュ・ゾーン』をキープ。ショーと江ノ島の景観を楽しむならプールに向かって右側席、晴れた日に富士山も見たいなら左側席へ
ポイント(6)
「アッカンベー」
館内で人気No1を誇っていた、ミナミゾウアザラシ『みなぞう』くん。残念ながら2005年10月4日に亡くなってしまいました。全長4.5m、体重約2トンの超巨体。自分の餌を小脇にかかえ『アッカンベー』のポーズ・パフォーマンスが見られなくなったのが残念。安らかに・・・そしてありがとう。
ポイント(7)
「レアな人気商品」
デートの思い出としてお土産グッズも購入したい。そんな方におすすめは2階ロビーの専用カプセルベンダーマシンで購入できるカプセル容器入り動物フィギュアシリーズ『新江ノ島水族館立体生物図録』(\200)。手にとるまで何が購入できるか判らないという『わくわくドキドキ』感も。
ポイント(8)
「進化するえのすい」
3周年を迎えた2006年に一部リニューアル。愛らしいゴマフアザラシとキタオットセイを一緒に見られる『アザラシ・オットセイプール』と白と黒のツートンカラーが美しいカマイルカをイルカショースタジアムサブプールにて展示開始。地下窓から泳ぐ姿も自由に眺められます。
ベストスポット
「夕陽と富士山」
ベストスポットは、2階の『海辺のデッキ』一番奥のテーブル席。湘南海岸に面して続く72mのオープンデッキで、オリジナルの『巻き貝サンド(各\300)』などをつまみながら潮風と景観を楽しもう。特に富士山の横にゆっくりと沈みゆく夕陽の眺めは、湘南デートのハイライトにふさわしい!
周辺の見所 江ノ島展望灯台、江の島サムエル・コッキング苑、江の島岩屋 ほか
現在のものです
▼バーチャルダイビングショー ▼イルカと握手 ▼人気者だった「故・みなぞう」
2004年4月プレスプレビューにてF717で撮影 2004年4月プレスプレビューにてF717で撮影 2004年4月プレスプレビューにてF717で撮影
▼カップルベストスポット ▼ショープログラムがハイライト ▼クラゲファンタジーホール
2004年4月プレスプレビューにてF717で撮影 2006年7月広報提供 2004年4月プレスプレビューにてF717で撮影
≪Back 江ノ島シーキャンドル(展望灯台)新江ノ島水族館フォトページテーマパーク-INDEX ≫東京デートナビ