特集記事タイトル
シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』が来年2月にお台場で開幕
画像説明
日本初公開となる生パフォーマンスも
フジテレビでおこなわれた、シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作『ダイハツ キュリオス』の記者発表を取材。キュリオスアーティストによる、生パフォーマンスも初披露。2018年2月が待ち遠しい!
1. 創設30周年記念作品『キュリオス』はシルクの原点回帰・集大成
※掲載内容は2017年10月12日現在のものです
1. 創設30周年記念作品『キュリオス』はシルクの原点回帰・集大成
2018年2月東京・お台場を皮切りに、国内5カ所で開催されるシルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作『ダイハツ キュリオス』の記者発表が、2017年10月12日(木)お台場のフジテレビで行われ、応援団長の小倉智昭やスペシャルサポーターのキャイ~ン、サンドウィッチマン、チャラン・ポ・ランタン、藤田ニコル、LiLiCoらが登壇しました。

#
ユニークで独創的なキャラクターたち
今回、日本初公開となる『キュリオス』はシルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年を記念した特別な作品で、<観客を喜ばせる>というシルクの原点を進化させた集大成として、2014年の開幕から250万人以上を動員しています。
テーマは『好奇心』×『無限の可能性』。欧米にて願いが叶う幸運な時間とされる『11:11』から始まるたった1分間に体験する不思議な物語です。
#
藤田ニコルは『クララ』のリングに注目
シルクの魅力のひとつがユニークで独創的なキャラクター、舞台衣装、小道具。記者発表では、スペシャルサポーターたちも、キュリオスのキャラクターたちの動きや表情、衣装に興味津々でした。
#
『ロシアン・クレードル』
ステージでは、キュリオスアーティストによる日本初公開となる生パフォーマンスを披露。人間空中ブランコのような『ロシアン・クレードル』、驚きの人間ピラミッド『コントーション』。どちらも想像のはるか上を超える大技が次々と繰り出され、ドキドキと驚きの連続でした。これぞシルク!
#
フォトセッションにて
最後は(社)日本記念日協会から認定されたことを受け、全員で「11月11日はキュリオスの日!」と叫び会見は終了。11:11に「Make a wish」とお願いする習慣が、日本にも根付くかもしれませんね。夢の時間を体験できる『キュリオス』は来年2月お台場で開幕します。
#
Photos: Martin Girard, Pierre Manning / shootstudio.ca © 2014 Cirque du Soleil
-シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品-
『ダイハツ キュリオス』東京公演
◇期間:2018年2月7日(水)~4月8日(日)
◇会場:お台場ビッグトップ
◇チケット料金:SS席・大人で平日12,500円/土日祝13,500円 ほか
◇チケット購入はフジテレビダイレクトより
-シルク・ドゥ・ソレイユ『ダイハツ キュリオス』
◇公式ホームページ:http://www.kurios.jp/
●東京公演2018.2.7-4.8
●大阪公演2018.7.26-10.29
●名古屋公演2018.11.22-2019.1.27
●福岡公演2019.2.15-3.31
●仙台公演2019.4-

***関連リンク***
■シルク・ドゥ・ソレイユ(公式ホームページ)

(関連記事)
■シルク・ドゥ・ソレイユ『トーテム』開幕(2016.2)
■シルク・ドゥ・ソレイユ『オーヴォ』日本初上陸(2014.2)
pagetop