【レポ】『和のあかり×百段階段 2022~光と影・百物語~』
●●の画像
『アカリノワ』によるサステナブルな竹あかり
ホテル雅叙園東京、夏恒例のアートイルミネーション『和のあかり×百段階段』へ。今年のテーマは『光と影・百物語』です。
1.東京都指定有形文化財「百段階段」を光で彩る夏の風物詩
※本記事内の金額・料金表示はすべて税込です
※掲載内容は2022年7月13日現在です
1. 東京都指定有形文化財「百段階段」を光で彩る夏の風物詩
日本美のミュージアムホテル『ホテル雅叙園東京』(東京・目黒)にて、夏恒例のアートイルミネーション『和のあかり×百段階段 2022~光と影・百物語~』が2022年7月2日(土)から開催中です。

●●の画像
浴衣が似合うスポットとしても人気の文化財「百段階段」
会場は90年以上の伝統を受け継ぎ、 2,500点もの日本画や美術工芸品に彩られたミュージアムホテル『ホテル雅叙園東京』の館内にある、東京都指定有形文化財「百段階段」。。

ホテル雅叙園東京の前身である目黒雅叙園3号館にあたる木造建築で、趣向が異なる7部屋を99段の長い階段廊下が繋いでおり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。

●●の画像
影を愉しむあかりアート
『和のあかり×百段階段』は、日本の美にあふれた独特の雰囲気の中で開催される、人気のアートイルミネーションイベント。

今年は『光と影』を展示テーマに、日本ならではの感性と技術によって生み出される『和のあかり』が文化財「百段階段」を彩ります。

『光と影』による、コントラストの美しさが今年のみどころです。

●●の画像
展示の中に、幽霊や妖怪たちが…
そして今年は『百段階段の百物語(怪談)』の展示を配し、例年とは違う楽しみも。

展示の中に顔を覗かせる幽霊や妖怪たちがおり、上階へと歩みを進めるうちにその気配は増えていきます‥‥。

怪談系が苦手な方は、ちょっとビクビクかもしれません。

●●の画像
見られているようでちょっと怖い…
類稀な文化財に囲まれた空間を背景にした会場は、まさしく空間アートの世界。

会場内には、本企画展のために作られた幻想的なオリジナルの楽曲も流れ、幻想的な雰囲気は夏のデートにもぴったりです。

日本の美にあふれた空間で愉しむアートイルミネーション。

東京都指定有形文化財「百段階段」の入場券とお食事がセットになった『和のあかり×百段階段 2022~光と影・百物語~』も、デートや女子旅におすすめです。

(取材・文・撮影/落合 宏樹)
【『和のあかり×百段階段 2022~光と影・百物語~』】
◇公式ウェブサイト:
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/wanoakari2022
◇開催期間:2022年7月2日(土)―9月25日(日)
◇開催時間:11:30-18:00(最終入館17:30)
※8月20日(土)は17:00迄(最終入館16:30)
◇会場:ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」
>>GoogleMapでみる
◇アクセス:
JRほか「目黒駅」より徒歩約3分
***関連リンク***
■ホテル雅叙園東京(公式ウェブサイト)

(関連記事)
■アートな和イルミ『和のあかり×百段階段』(2019.7)
pagetop