【レポ】変わらぬ美味しさ、レッドロブスターの代名詞『ライブロブスター』
●●の画像
目の前でカットしてくれるライブ感がたまりません
『レッドロブスター』と言えば『ライブロブスター』。エンタメ感満載で楽しい!そして美味しい!
1.カナダ直送の新鮮なロブスター、ホリデーランチのセットが超オトク!
※本記事内の金額・料金表示はすべて税込です
※掲載内容は2022年10月31日現在です
1. カナダ直送の新鮮なロブスター、ホリデーランチのセットが超オトク!
今年で40周年を迎える、シーフードレストラン『レッドロブスター』。

『レッドロブスター』の代名詞でり、鉄板の看板メニュー『ライブロブスター』を、モデルのReNaさんに体験していただきました。

●●の画像
「食べちゃうなんてかわいそう・・・」と複雑な心境のReNaさん
レッドロブスターを初めて訪れるなら、まずは『ライブロブスター(LIVE LOBSTEE)』が外せません。

週2回、カナダから空輸で仕入れた身が詰まったロブスターを、新鮮そのものの状態で調理してくれます。

調理方法は『スチーム』(蒸す)、『オーブン』(焼く)、オリジナルスパイスで仕上げる『スパイス』、ピリ辛で味わう『豆板醤』、おつまみ向きの『ウニソース』の5種類。サイズは『レギュラー』『ミディアム』『ラージ』の3種類です。

王道は、ロブスターの味をシンプルに最も堪能できる『スチーム』。2人でシェアするなら『レギューラー』サイズがおすすめとのこと。

『ライブロブスター』をオーダーすると「調理前のロブスターをご覧になりますか?」と質問されるので「はい」と返答。

すると店頭入口にある、3段になっている活きたロブスターの水槽『ロブスタータンク』から、元気満々の活きたロブスターがひきあげられ、トレーにのって目の前に。

「ライブロブスターは初めて」というReNaさん。「かわいく見えてきて・・・これから食べてしまうと思うと、複雑です」と元気な姿のロブスターをスマホで撮影していました。

●●の画像
真っ赤に蒸されたロブスターをスタッフさんが目の前で手際よくカット
一旦、ロブスターはキッチンへ運ばれ、調理を終えてアツアツの状態でワゴンにのせられテーブルサイドに。待ってました!!

スチームで蒸されたロブスターは、濃い青のお皿と好対照に、ほぼ真っ赤。「うわぁ、きれい!映えますね!」とReNaさんも興奮気味。

ここからがライブロスブスターの真骨頂。スタッフさんが、見事な手さばきで、熱々のロブスターを手際よく食べやすいサイズにカット。

「カットして元の形に戻すのがプロですね。すごい!」(ReNaさん)と感激。このパフォーマンスを見るだけでも価値があります。

●●の画像
赤い!ビジュ映え最高!SNSでアップしよう
私たちは、食べやすくカットされた丸ごとのロブスターを、食べることに注力するだけ。手も汚れないし、楽々です。

「爪の部分は『ほとんどカニ』ですね。超新鮮!」「テール…でしたっけ…尻尾は『プリップリの海老』って感じ』。まさにカニとエビの良いとこ取り!めっちゃ美味しいです!!」とReNaさんも太鼓判lでした。

前回、ライブロブスターをオーダーしたのは10年以上前ですが、いまも変わらぬ・・・というか当時より美味しく感じました。

●●の画像
「すごく新鮮なので、レモンを少し絞り、そのまま食べるのが好きです」(ReNa)
部位によって、かなり食感や味が変化するのも、ロブスターの醍醐味。アメリカンテイストの『溶かしバター』とレモンでいただきます。

「『ミソ』も美味しい!これは病みつきですね。レギュラーでも思った以上に大きくて、カップル(2人)なら充分なボリューム感。ご馳走様でした!」(ReNAさん)。

『ライブロブスター』は、スチーム/オーブンとも同価格で、レギュラーサイズで7,689円(ミディアム:10,989円、ラージ:18,689円)。

カップル向けなのが、2名用のセットメニュー『ライブロブスターセット』(13,200円/2名様)。レギュラーサイズのライブロブスター(スチームorオーブン)に、サラダやパエリアなどがセットとなりお得です。

そして、さらにさらにお得なのが、今回オーダーした<ホリデーランチ>限定セットの『ランチライブロブスターセット』(8,329円/2名様)。

▼<ホリデーランチ>『ランチライブロブスターセット』
◎フリーリフィールドリンク×2
◎シュリンプサラダ×2
◎本日のアペタイザー×2
◎ロブスターフォンデュ×2
◎ワタリガニのトマトパスタ…シェア
◎ライブロブスター(スチームorオーブン)…シェア
ライブロブスターの通常価格に、わずか640円のプラスでコース料理になるという、ほとんど価格破壊のランチセット。お腹を空かせて行きましょう!

『ロブスターフォンデュ』や『ワタリガニのトマトパスタ』も美味しい~~~。休日にランチ外食するなら、レッドロブスターの『ランチライブロブスターセット』に決定ですね。

なお、お台場店・ユニバーサル・シティウォーク店など、一部店舗には<ホリデーランチ>設定がないのでご注意を。今回利用したのは『武蔵野関前店』(東京・武蔵野店)です。

●●の画像
『ランチライブロブスターセット』にて
●●の画像
大人気メニュー『ワタリガニのトマトパスタ』
●●の画像
ReNaさんも思わずパチリ
●●の画像
食べやすいようカットしてくれる

なお現在、レッドロブスターでは、上陸40周年を記念して、大好評の『スペシャル ロブスター デイズ』の開催日程を拡大して実施中(12月まで)。

2022年12月までの毎月、1日・2日・3日・4日・12日・22日は『マイチョイス ハイボール半額』『生ビール半額』などの特典があるので、要チェックです!

(取材・文・撮影:落合 宏樹/モデル:ReNa)

【レッドロブスター】
◇公式ウェブサイト:https://www.redlobster.jp/

―今回利用した店舗:レッドロブスター 武蔵野関前店
◇住所:東京都武蔵野市関前5-7-7
>>GoogleMap
◇アクセス:
・JR中央線 武蔵境駅から徒歩15分、井の頭通り沿い
***関連リンク***
■レッドロブスター(公式ウェブサイト)

(関連記事)
■【レポ】レッドロブスターが2010年代の人気メニュー2品を再現(2022.10)20221005
■【レポ】厳選食材がアメリカンメニューに!レッドロブスター『JAPAN×USA』(2022.9)
■【レポ】レッドロブスターで"Y2K"、当時話題の2メニューを再現るフェアメニュー(2022.7)
■【レポ】レッドロブスター海外店舗の個性的メニューを味わう『JAPAN×WORLD』(2022.6)
■【レポ】レッドロブスターが1990年の『サメのフライ』と『ロブスター寿司』を再現(2022.4)

(グルメ関連記事)
■【レポ】日本橋『水戯庵』ブルーシーフードコースを提供開始(2022.10)
■【レポ】発酵と熟成の日本料理『GINZA KUKI』で4周年記念コースを堪能(2022.10)
■【レポ】アートの秋に絵画を"味わう"新体験『食べる絵画展』(2022.10)
■【レポ】オーダーブッフェで味わう本格スペイン料理 in 横浜ベイシェラトン(2022.10)
■【レポ】『すみっコぐらし×ラ チッタデッラ』ハロウィンコラボメニュー(2022.10)
■【レポ】高級紅茶と眺望を楽しむ至福のアフタヌーンティーを汐留で(2022.10)
■【レポ】Spa LaQua×ZENB、サステでおいしい秋のボディメンテナンス(2022.10)
■【レポ】ピエール マルコリーニ、秋のカフェメニュー(2022.10)
pagetop